【採用内定取消・・・】|大阪・東京・建築・リフォーム・不動産・営業の転職ならアクセス人材紹介

アクセス人材株式会社

仕事探し・転職希望の方

求人登録へ

人材をお探しの企業の方

人材紹介登録へ

セミナー・コンサルティングの

アクセス住宅コンサルタント

アクセス人材紹介株式会社
アクセス住宅コンサルタント株式会社

【採用内定取消・・・】

2017年09月12日 ブログ

こんにちは。

営業のO本です。

 

弊社、アクセス人材紹介は住宅・リフォーム

不動産専門の人材紹介会社です。

 

今朝、朝から大阪は大雨でした。

大雨警報などが出て、休校になった学校も

あったようですね。

 

奈良県のとある場所では、高架下が冠水してしまい

通行止めになっているみたいですね。

写真を見ましたが、ちょっとした池かと思うぐらいに

ずっぽりと水に浸かっていました。

今週末には台風も来るみたいですし

本当に勘弁して欲しいものです。

 

さて、、、

転職活動をしていく中で、企業より内定を貰うケースが

あるかと思います。

 

たまにそのようなケースに出会うのですが

内定が出た後に求職者の方と連絡がとれなくなるケースです。

 

えっ、、、

新卒の方ならまだしも、転職する方でもそのような方が

いるんですか??と思う方もいると思います。

 

それが、、、

残念ながらいるんです。

この仕事をしている以上、一定数このような方にあたります。

個人的には非常に残念です。というか、悲しいです。

 

こんな事を書くと怒られるかもしれませんが

私は興味がなければ辞退してもらっても全く構いません。

辞退しからといって、当たり前ですが

怒ることもありません(笑

 

いい年した大人が連絡の1本すら出来ない事が

悲しいのです。

そのような方はきっと会社からも仕事に対する

評価は低いと思いますしね。。。

 

本題から脱線しましたが、採用内定を出した後に

求職者の方と連絡が取れなくなった場合は

どうしたらいいのでしょうか??

 

内定取消になる場合、色々な要因が考えられます。

例えば、職歴詐称や嘘の発覚が分かった場合や

入社日が合わない、会社の業績が急激に悪化するなど・・・

 

内定取消にも様々な理由があると思いますが

内定取消をしたいからと言って、どんな理由でも

正当になるとは限りません。

 

正当と認められるのは、客観的に見て合理的と認められ

また社会通念上相当であると認められた場合に限られます。

 

法律の文言はこのような言い回しが大好きですね(笑

 

具体的に言うと、職歴詐称や嘘の発覚や入社予定日に

入社出来ないなどのケースは正当と認められる可能性が高く

なるかと思います。

逆に違法となるケースは、他にいい人が出てきたから

内定を取消ししたいや、連絡ミスなどの場合は

違法となるケースが高いと思います。

 

後は、万が一争いになった時に

内定取消を行う前に何度も連絡を取っているという

証拠を残しておく事が非常に大事になります。

 

メールの履歴を証拠として保存したり

内容証明郵便などで送り履歴を残すことを

有効かと思います。

 

速やかに、求職者の方から連絡が貰えると

一番いいんですがね。

人の心は難しいものです。。
いいね