【人材採用の難しさ・・・】|大阪・東京・建築・リフォーム・不動産・営業の転職ならアクセス人材紹介

アクセス住宅コンサルタント株式会社

menu

【人材採用の難しさ・・・】

2018年11月06日 ブログ

こんにちは

営業のO本です。

 

先日、子供のサッカー大会があった話をしましたが

あまりにも我が息子がへたっぴ過ぎたので

サッカースクールに通うことにしました。

 

といっても、、、

まだ入会すると決まったわけでなく

まずは体験に行く段階ですが・・・

先日のブログに書きましたが、少しでもサッカーを経験していると

動きであったり、身体同士をぶつけ合うことに対しての

耐性は全然違いますね。

私も中学時代からずっとバスケットをしていたので

スポーツで身体同士をぶつけ合うことに対しての

耐性はありましたが、今思うとスポーツをしていなかったら

もしかしたらとんでもない貧弱な男になっていたのかも

しれません。やはりスポーツって大事ですね。

個人的には息子にはラクビーなどをやって欲しいと

思っていたのですが、奥さんは断固反対とのことで

サッカーか野球辺りに落ち着くんでしょうね。

どのスポーツでもいいので、生涯通して打ち込めるスポーツに

出会って欲しいものです!!

 

さて、、、

人材の仕事をしていてつくづく思う事ですが

人材の採用って難しいということです。

何を当たり前の事を言っているんだと言われるかもしれませんが

採用しようとする「人」がどのような思考や感性を持っているかなど

そう簡単には分かりません。

なので、SPIや性格診断テストなどの試験を用いる企業も

多いんでしょうね。

 

昨今、人材紹介会社も沢山ありますが

電話で求職者の顔を見ずに話をして

求人を紹介して企業に斡旋する人材会社も多々あります。

当社は現地まで出張して、対面で会う方法を

取っております。

経費はかかりますが、やはり百聞は一見にしかずではありませんが

電話だけでも判断出来ない部分も多くあります。

実際に電話の印象と対面で会った印象はいい意味で

全く違う方もいますし、その逆もあります。

 

少しでも採用時のリスクを減らす為に

当社はこの手法でやっております。

バリバリの経験者を採用しても、社風や仕事の進め方などの

問題でうまくいかないケースもゼロではありません。

逆に、、、

あまり経験がない方でも、その後飛躍的に活躍する方も

いらっしゃいます。

なかなか全てを見抜くことも難しいのですが

当社が複数回お会いして、その上でクライアント様にも

複数回お会いして頂いた上でご判断して頂きます。

決して無理に押し込むような事はしません。

本当に人材採用は難しいものです。。。

 
いいね

topへ戻る