【保育士大量退職・・・】|大阪・東京・建築・リフォーム・不動産・営業の転職ならアクセス人材紹介

アクセス住宅コンサルタント株式会社

menu

【保育士大量退職・・・】

2019年03月14日 未分類

こんにちは

営業のO本です。

 

一昨日と昨日は福岡へ出張しておりました。

関西よりも幾分温かく過ごしやすい季節でした。

O本は基本地下鉄で移動するのですが

大阪ほど混みあっておらず、とても快適に過ごせました。

これぐらいの混み具合がちょうどいいですね。

 

元々福岡出身のO本ではありますが、福岡も広くて

北九州寄りの出身なので、ほとんど幼少期はほとんど博多に

来ることはありませんでした。

現在の人材業の仕事を始めてから、むしろ博多に来ることが

増えたように思います(笑

何度来ても思いますが、福岡はとても住みやすい町です。

人も温かいですし、食べ物もおいしいですし

過ごしやすい場所だと思います。

ますます福岡が好きになった今日この頃です。

 

ここ最近、、、

保育士が一斉に退職するというトラブルが

起こっています。

東京都の認可保育園では、2019年3月以降に

大量退職するそうです。

職員18人のうち13人が3月以降に

順次退職していくそうです。

退職の理由としては、給与ダウンや人手不足に伴う

長時間労働が背景にあるそうですが、果たしてそれだけで

こんなに多くの人材が退職していくのでしょうか??

 

先日もテレビで保育士が大量退職していく保育園を

取材している特集がありました。

全部は見ておりませんが、ただでさえ薄給で人手不足にも

関わらず、新しく保育園を立ち上げようとする運営側との

隔たりが放送されていました。

 

O本家も保育園にお世話になって約5年になりますが

保育士の先生達には本当に頭が下がります。

日によっては朝早くから働き、保護者からのクレームなども

処理して、様々な子供達に接していかなければならないのですから

本当に大変な仕事だと思います。

通っている保育園でも、毎年7人~10人前後の保育士が

退職されています。

テレビで取り上げられていた保育園も

手取りが13万前後とのことで、厳しい労働環境でした。

運営側との話合いがまとまらずに、期の途中で退園されていました。

 

最終的に保護者説明会で保護者より厳しく追求され

また、市も立ち入り検査に入ったとのことで

運営側の事務長は辞任することとなりました。

保育士も人間ですから、子供が好きという熱意だけでは

なかなかやっていけないでしょう。。。

飲食店などであれば、回転率や客単価を挙げて利益を

上げれますが、認可保育園となるとそんな簡単に数字はいじれません。

本当に闇が深い問題です。
いいね

topへ戻る