【人を見抜くのは難しい・・・】|大阪・東京・建築・リフォーム・不動産・営業の転職ならアクセス人材紹介

アクセス住宅コンサルタント株式会社

menu

【人を見抜くのは難しい・・・】

2019年12月02日 ブログ

こんにちは

営業のO本です。

 

いよいよ12月に突入しました。

猛烈な早さで月日が過ぎていますね。

そういえば、O本は先週金曜日に

久々に1社目の会社で同期だった友人達と

少しばかり早い忘年会をやってきました。

 

あの頃はみんなまだ20代前半の若かりし時でしたが

白髪も増えて、体型もメタボばかり増えてと・・・

書きたいところでしたが会った全員はマラソンに目覚めたり

筋トレに目覚めたりと健康オタクが増えていました(笑

40代間近にして、第3子ができていたり

離婚して再婚したりと人生色々あるものですね。。

1次会で焼肉を食べて、2次会ではカラオケに行き

楽しい時間を過ごしました。

今では全員別の会社で仕事していますが、やはり同期って

いいものですね。これからも大事にしたいと思います。

 

さて、、、

人材の仕事をしてもいても感じますが

人を本性を見抜くのは本当に難しいことだと感じます。

 

勤務先のマクドナルドから3000万円を着服したとして

38歳の社員が業務上横領で逮捕されました。

一橋大学を卒業後に、三井物産に就職して

年収は2000万円を超える金額を貰っていたにも関わらず

FXにはまり、知人や親族などにお金を借りて2億円近く集めたが

全部溶かしてしまったとのこと。

結局、三井物産も退社して自己破産を申請した

そうです。その後両親から勘当されて、奥さんとも離婚。

転落人生まっしぐらです。。

その後、マクドナルドに転職が決まったと思いきや

着服して逮捕されるというどうしようもない人です。

 

さすがのマクドナルドも見抜けなかったんですね。

30代の一橋大出身で元三井物産の社員が応募してきたら

そりゃあまり疑わずに採用してしまうんでしょうね。

外資系企業の採用では、よくリファレンスチェックや

身辺調査を行いますが、マクドナルドはしなかったのでしょうか。。

さすがにリファレンスや身辺調査をしていれば

内定は出さなかったと思いますが。。。

 

人を見抜くのは本当に難しいものですね。

最近、つくづく感じるこの頃です、、、
いいね

topへ戻る